トップページ
甘酒の素 無添加の白味噌をお届け。手作り米麹が重要です。

最高の白味噌を追及すると、とってもシンプルな味噌になりました。

白味噌は米、大豆、塩のみからなる。

白味噌(西京味噌)の基本の材料とは、米、大豆、塩
たったこれだけなんです。

米麹の麹菌による力で発酵して甘味が増します。本来はこれ以外の材料は要りません。

水飴などは白味噌(西京味噌)にとっては必要のない物ですが、それを入れる理由というのは、

こだわりの製法を簡略化した為に味が落ちるから。

美味しい白味噌(西京味噌)に必要なのは、こだわりの製法。

こうじ蓋を使った手作り米麹が九重白味噌のこだわりです。

極上白味噌は、最高の白味噌をめざした無添加、無着色、無加糖の白味噌(西京味噌)です。

手作り米麹で仕込んだ白味噌が希少な理由。

白味噌(西京味噌)の麹づくり
完成した白味噌(西京味噌)の麹

麹ぶたとは酒造りなどでも使用される米麹を作る際の道具です。 麹の完成までには4日間を要し、人手も必要なコストの高い作り方です。

故に、麹の仕上りは最高、しかし非常に効率が悪い。

大量生産にはもっとも不向きで、スーパーなどで売られいる西京味噌は多くが機械作りです。

それでも麹蓋製麹にこだわる理由は、

最高の白味噌(西京味噌)には欠かせないから。

手作りの米麹を使うと白味噌(西京味噌)の仕上りは段違いです。
今では弊社のような小さな味噌蔵がこだわりを持って続けています。

無添加の効果を知ってもらいたい。希少な理由その2

ここでの添加物とは、「酒精」のことです。

白味噌(西京味噌)で酒精を添加する理由は、保存を良くすること、発酵を止める目的です。

熟成発酵を止めれば、白味噌として甘み、旨味が増さないのです。

他の味噌に比べ白味噌(西京味噌)は塩分が低く保存に不利ですので必要不可欠です。 だから、スーパーなどでは売っていません。

しかも、酒精は驚くほど「白味噌の味を変えてしまう」

酒精は非常に度数の高いアルコールですので、口にしてみれば「非常に辛い」。そんなものを繊細な白味噌に入れれば 、味がおかしくなるのは当然なんです。

無添加の白味噌(西京味噌)

無添加の極上白味噌は言葉ではお伝えできないので、ご自身で食べて見て下さい。
クリーミーで、何とも言えない自然の甘さ。

まず調理する前に、極上白味噌をそのまま味見して下さい。市販のものとはまったく違いますから。

実は国産原料を使った味噌はとっても少ない、なかでも白味噌は、

国産原料を使ったお味噌はスーパーでも見かけますが、実は国産原料使用の味噌は全国生産の1割に満たないとも言われています。

残念です。

白味噌(西京味噌)に焦点をあてると、さらに残念です。

九重の極上白味噌は、国産原料100%です。

蛇足ですが、水飴、酒精の元の原料をたどれば外国産です。
それを使っていない極上白味噌は間違いなく純国産です。

お客さん曰く、「三賀日が終わっても年中お雑煮が食べたくなる。」

白味噌(西京味噌)のお雑煮

無添加にくわえて、「塩分3.7%」と極限まで切り詰めました。

だから、京都や関西風の白味噌(西京味噌)仕立てのお雑煮は、とろ〜り濃厚なお雑煮が自慢です。 普通の白味噌よりも更に低塩分だからできることなんです。

市販の白味噌でお雑煮をされてる方へ、
極上白味噌を使って今までと同じ分量でお雑煮をすると、薄いと感じる場合が多いです。 たっぷり入れて下さい。

昆布出しの汁500cc、対して、
極上白味噌200g以上ぐらいが目安。

お客さん
「お餅をもらったから、九重さんのお雑煮が食べとうなって」

「それは、ありがとうございます。」と言いつつも、

(さすがに夏場にお雑煮は味噌屋でもしないなぁ。)
けど、こんなお客さんが結構おられるんです。

たかが味噌ですが、鮮度を重視してます。

味噌の梱包方法ですが、かなり簡略化しています。

ご注文を頂いた後、一つ一つ梱包しております。作り置きなどはしていません。

白味噌を業務用の味噌桶から直接、手量りしていますので、常に食べごろの白味噌(西京味噌)をお届けできます。

だから、流通が難しい無添加の白味噌を新鮮なままお届けできるんです。

注文を頂いてから機械梱包などしていては間に合いませんので、梱包が簡素になるのはご了承ください。

実は白味噌の小売り販売に力を入れだしたのは、ここ数年なんです。

白味噌のネット販売、通販

実は極上白味噌の販売は、無添加ゆえの流通の難しさから小売販売は店頭だけでやってきました。

今までのメインは業務用販売。滋賀県大津や京都の旅館、ホテル、料亭など板場さん相手の商売です。

白味噌(西京味噌)の本場である京都の隣にも関わらず、極上白味噌はプロに認められる確かな味で 滋賀県大津で生き残ってきました。

だから、極上白味噌は広く知られることはなかった、知る人ぞ知る白味噌なんです。

インターネット販売でお気軽に、こだわりの白味噌を味わって頂きたいです。

本当に、こだわりある白味噌かどうか?

きれいな商品画像と、厳選やこだわりを主張する白味噌(西京味噌)を良く見かけますが、 どう思われますか。

素人目に見れば解らないか、あるいは、良い品であると判断されるようです。
プロなら具体的な部分で判断します。

「厳選した」、「こだわり抜いた」、「手間暇をかけて」だから具体的に何をどうした?

終始、抽象的な表現でしか商品説明を行っていないし、味噌の製造工程などがまったく掲載されていない。 まして、食品をネット販売するのに原材料表示すらない。

白味噌の原材料表示は重要です。添加物の有無、ビタミンなどの着色、保存料、脱色など 分かることが多いのです。製法まではわかりませんが。

だから、九重味噌では実際の製造工程を掲載し、原材料表示、産地を表示しております。 その上で弊社の白味噌の特徴を説明し、選んでいただきたい。

極上白味噌は、こんな方に是非お勧めします。

  • お正月のお雑煮をもっと美味しくしたい。
  • 本場、京都以上の白味噌をお探しの方。
  • 脱色、着色などをしていない無添加の白味噌をお探しの方
  • 西京漬けなど料理店で差を付けたい業務用使用の方。
  • 無添加の白味噌を食べたことがない方。

何がともあれ、そんなに大げさなものではありません。

極上白味噌、1kgあたり1338円(税込)です。

スーパーの白味噌が400g程ですので換算すると535円なので、ちょっと高いぐらい。

国産原料使用、無添加、手造り米麹と、こだわりの極上白味噌ですが、
コストパフォーマンスは高いと自負してます。

買い物かご 会員ページ 買物方法、休業日、更新情報

業務用取引

初回サンプル発送無料

九重の白味噌(西京味噌)を業務用で使ってみませんか。

飲食店、旅館、卸業者など業務用でのお取引を募集中。

白味噌(西京味噌)の業務用販売
西京漬け専用、白味噌(西京味噌)の白荒味噌詳細へ

会社概要

(有)九重商店

〒520-0043
滋賀県大津市中央1-7-18
電話077-522-2184

上に戻る