白味噌のお雑煮はシンプル
素材の味と、ちょっと一手間が美味しい秘訣

白味噌(西京味噌)のお雑煮

お雑煮ほど白味噌の味が前面に出る料理は無いでしょう。だから、素材選びが大切になります。白味噌(西京味噌)は、各メーカーによって特徴が色濃くでます。

それは試していただくほかないのですが、もっともお勧めするのは弊社の極上白味噌をはじめ、酒精を使っていない無添加、水飴を使っていない白味噌本来の味が特徴のものをお勧めします。

白味噌のお雑煮レシピ

準備するもの

準備するものは、だし汁500ccに対して、極上白味噌200g以上がめやす。3~4人前です。白味噌のお雑煮は、普通のお味噌汁よりもかなり多く味噌を使います。

京野菜でなく普通の大根、にんじんでもいい。
3~4人分で準備するもの
極上白味噌200g、京野菜の金時人参、祝大根、餅、お好みで糸鰹、昆布(出汁を500㏄作ります)

白味噌のお雑煮レシピ -作り方、手順―

前日から昆布を漬けておくといい。

手順1
昆布を固く絞った布巾かキッチンペーパーで拭いて汚れを取ります。分量500㏄(3~4人前)の水に1~2時間浸けておきます。前日から浸けておいてもいいです。

手順2
中火で火にかけ、沸騰する直前で昆布を鍋から取り出します。

ポイント
金時人参、祝大根は直接鍋に入れて茹でると野菜の香りや色がお雑煮に移ってしまいます。そこで、出汁を余分に用意し別の鍋で出し汁で野菜を下茹でするとお雑煮に雑味がなく美味しくなります。

手順3
白味噌を出汁に溶き入れます。使う白味噌の量が多いので先に出し汁を白味噌に加えて緩めてから鍋に溶き入れるとムラなく溶けます。

手順4
丸餅を焼き、湯に浸けて軽く焦げを取ります。

手順5
丸餅と、先ほど下茹でした金時人参、祝大根を入れて、沸騰しないように温めて完成です。

白味噌のお雑煮を美味しく作るコツ

白味噌はたっぷり入れろ

普段のお味噌汁の感覚でお味噌を入れると薄すぎて失敗します。白味噌のお雑煮をしたことがない方、関東地方の方はここで失敗するみたいです。思い切って入れてい下さい。とろみが付くぐらい濃厚です。

強すぎるダシは、白味噌では厳禁

白味噌の風味、味はとても繊細です。鰹ダシなど香りの強いものは白味噌の風味、味を変えてしまします。なので昆布をおすすめします。また、お雑煮を食べるときに好みで糸鰹を乗せますが、これも乗せすぎには注意です。

どうしても「だしの素」しかない場合も入れ過ぎは白味噌を風味も悪くなりますし、辛くなります。少量を心がけて下さい。

白味噌は、やっぱり極上白味噌

九重味噌以外の白味噌が良くないことはありませんが、やはり素材の味を楽しみたいのなら極上白味噌をおすすめします。

白味噌を使った簡単レシピ