白味噌、西京味噌が専門です。昔ながらの手作り製法の米麹と無添加、国産原料にこだわり続ける九重味噌です。

会社概要

4代目 社長 九重宗雄

古き良きものを、後世に伝えたい。

九重味噌社長、白味噌のことならお任せ下さい。

九重味噌は滋賀で明治元年に創業し、私で4代目です。学生のころから手伝いをし、入社後は10年以上の滋賀で営業を経験しました。後に、製造工場に入り現在は社長兼工場長です。

滋賀の手作り白味噌というブランドを全国に広めるため、現在は高まる食の安全意識に適応するために手作りの良さを残しつつ衛生管理や製造管理に改善を加え、満足していただける白味噌作りに励んでおります。

九重味噌の生い立ち

九重味噌の旧店舗九重味噌の古いチラシ

九重味噌は古くは滋賀県守山市から先祖が大津に移り住み米屋を始めたことがきっかけです。その米を見て味噌という特殊な業種に着目し、滋賀で味噌屋を始め手作り味噌を売り出しました。右2段目の写真は滋賀で米屋を営んでいた証拠です。これはポスターかチラシかよく解かりませんが、古くから九重味噌に残るものです。

滋賀で味噌をはじめる為のノウハウはどこから学び取ったかは今では解かりません。現在では味噌作りの機械は進歩しましたが、最も重要な工程は昔とほとんど変わらない手作り味噌です。麹を作るための麹蓋は、廃業される酒屋さんに譲り受けた物が多いようです。いいものはたとえ違う業界でも使えるなら生かす。歴代の作り手はそうやって古い手作り味噌の製法を残して来ました。

古くから県内有名ホテル、旅館、飲食店、食肉卸、鮮魚卸、学校給食、小売販売と幅広く営業させて頂いております。また現在は、インターネットからの全国発送も行っております。

九重味噌の「こだわり」

麹蓋の消毒

消毒作業。使用した麹蓋は全面消毒しています。

滋賀の九重味噌では、昔ながらの麹蓋を使った手作り米麹を使用する。また、滋賀の自然気候により熟成する天然醸造の手作り味噌にこだわっております。その恩恵は機械作りでは出せない深い味わいと、自然な甘さの白味噌です。

しかし、麹蓋製麹法は衛生管理が難しいです。雑菌が繁殖しやすい温度帯、高い湿度、容器や場所への移し替えも多く機材、容器の消毒を徹底しております。

滋賀県産大豆をはじめ、滋賀県こだわり農産物認証の米と大豆のみで作った味噌など特徴のある味噌を作っていきます。

会社概要

九重味噌の店舗
会社名 有限会社 九重商店
所在地 滋賀県大津市中央1-7-18
連絡先 TEL 077-522-2184
FAX 077-522-2310
E-mail info@kokonoemiso.com
URL http://www.kokonoemiso.com/
資本金 300万円
創業 明治元年
会社設立 昭和27年7月31日
取締役 九重宗雄
従業員数 7人
取引銀行 京都信用金庫、滋賀銀行、他
主要業務 味噌製造販売(滋賀県内業務用、小売、通販、地方発送)、その他の調味品仕入れ販売
取引先 滋賀、京都の旅館、ホテル、料亭、割烹、仕出など、卸売、全国への直送販売

お気軽にお問合せ下さい。 TEL 077-522-2184 営業時間 10:00-17:00 [日・祝日・第2・4土除く]

PAGETOP
Copyright © 白味噌(西京味噌)が専門、九重味噌 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.